マーケティング

マーケティングとは?中小企業は戦略が重要!

投稿日:

マーケティングとは一体何でしょうか?

なんとなくはわかるけれど、よく理解できていないかも…ということが多いかもしれません。

実はマーケティングという言葉そのものが非常に抽象的なものであり、マーケティングの定義は人や組織によって解釈の仕方がさまざまです。

有名な経営学者ピーター・ドラッカー氏は著書の中で「マーケティングの理想は販売を不要にすること」と述べており、近代マーケティングの神と言われるフィリップ・コトラー氏は、「マーケティングとは経営そのもので、消費者に自社を愛してもらうことが最終的なゴール」と言っています。

人や組織の数だけマーケティングの定義が存在しています。

本サイトでのマーケティングの定義は、「売り上げを上げるための考え方や戦略。それを実現させるための仕組み作り、運用手段の全て」「製品と人との間に新しい関係を作る橋渡し」として進めていこうと思います。

「デジタルマーケティング」と「WEBマーケティング」とは?

近年は、デジタルマーケティングやWEBマーケティングという言葉も広く認知され、定着してきました。

マーケティングという大きな枠組みの中に、デジタルマーケティングやWEBマーケティングがあるとイメージしたらわかりやすいと思います。

デジタルマーケティングとは、その名の通り「現在のインターネットやITなどのデジタル技術を活用して売れる仕組みを作る手法」です。

WEBマーケティングは、「WEB上でのマーケティング施策」です。

デジタルマーケティングとWEBマーケティングの2つには大きな違いはありません。

デジタルマーケティングとWEBマーケティングの違いをあげるとするなら、デジタルマーケティングは「デジタルデバイスやテクノロジーを使って集積したデータの管理や分析を活用したマーケティング施策」で、WEBマーケティングは「自社ECやSNS、運用型広告などWEB上でのマーケティング施策」という点です。

予算が潤沢にあり高い広告費が出せる大手と比べると、中小企業は財務が弱く出来ることは限られてきます。

そのため、製品を買ってくれそう、又は利用してくれそうな顧客層を絞り込んでターゲットにし徐々に拡大させていく必要があります。

自社の独自性を伸ばし、競合他社と差別化を図っていくことも大切。

そのためには会社の社員全員がマーケティングを理解し、習得した知識を活かして仕事に取り組む必要があります。

自社のビジネスの仕組み、経営ビジョン、経営指標を社員全員が理解して、組織全体でマーケティングを機能させることが何よりも重要です。

まず基本的なこととして、売り上げを上げるために必要なものは以下の3つです。

◾️売り上げを上げるために必要なもの
「良い製品」
まずは消費者に満足してもらえる、売れるしっかりした良い製品が必要。
マーケティングの成功は売れる製品ありきです。
「販売する仕組み」
製品を販売する仕組みを作ります。
「集客の仕組み」
お店を出したところで宣伝をしない限り誰も来てくれません。
人を呼び込むための仕組みを作る必要があります。

それでは、本当に良い製品さえあれば売り上げは上がるのでしょうか?
値段が手ごろなものであれば売れるのでしょうか?
社員が優秀であれば売れる?
お店の立地条件が良かったり、自社ECサイトさえ作れば売れるのでしょうか?

答えは全てNO。

売り上げアップのためには、競合分析や市場分析、新規顧客獲得やリピーター獲得のための集客やブランディングなどを行い戦略を立てる必要があります。

「自社製品を買ってくれそう、利用してくれそうな人はどんな人か?」
「どんなニーズがあるのか?(顕在的ニーズは?潜在的ニーズは?)」
「どう伝えれば自社製品の良さをわかってもらえるか?」
「製品のどこが消費者に対して一番手と言えるか?自社の独自性はどこか?」

しっかりした良い製品があり、適切なタイミングで必要としている人にその価値を伝えることができれば購入してもらえます。


近年はモノが溢れているモノあまりの時代と言われています。

似たような製品が多い中、戦略を立てずやみくもに動いているだけでは、その他大勢の中に埋もれて終わることがほとんどでしょう。

しかし、多くの人はモノを買いたくない、欲しくないわけではありません。
選択肢や情報が増え、買うためのきっかけがなかったり、情報の取捨選択に疲れていることがほとんど。

製品を必要としている人は必ずどこかにいます。

  • 自社と周囲(市場や競合)を知る
  • 誰に、どこで、どう伝えるか?
  • 製品の価格は?どんな風に売る?

顧客・製品・市場・競合を分析し競合と比較した時、「自社では何をするか?」「製品をどうアピールしていくのか?」、攻める機会を分析し、自社のビジネスでの戦い方・方向性(コンセプトなど)を明確しましょう。

マーケティング戦略を立てる時は、さまざまな分析方法を活用します。

次の記事では、戦略を立てる際によく使うフレームワークを紹介します。

Copyright© 株式会社イーナレッジテクノロジー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.