マーケティング

中小企業こそマーケティング知識が必要

投稿日:

 

テレビCM・新聞広告・雑誌広告などマス媒体が多くを占めていた時代、マーケティング施策は大企業が行うことがほとんどでした。

時代が移り変わりインターネットが普及した現代では、多種多様な電子デバイスやネットを利用して行うデジタルマーケティングやwebマーケティングが浸透してきました。

デジタルマーケティングはマス媒体と比べて低コストなこともあり、大企業以外の中小企業やスモールビジネスでも効果的なマーケティング施策を行うことが可能になりました。

 

もしかしたらこれを読まれている方の中には、「予算や人材も限られている中小企業は、マーケティングなんてやっている余裕がない」「マーケティングなんて大企業が行うものでしょ?」「気合いと根性でなんとかなるのでは?」と思われている方もいるかもしれません。

しかし、弱小である中小企業だからこそ、大企業に打ち勝つためのマーケティング戦略を行うべきなのです。

こちらの記事「マーケティングとは?中小企業は戦略が重要!」でも解説していますが、マーケティングとは「売り上げを上げるための考え方や戦略。それを実現させるための仕組み作り、運用手段の全て」を意味しています。

潤沢な資産・資源・人材がある大手企業と比べると、中小企業は資産も資源も人材も少なく普通に戦えば大企業に勝つことはできません。

そのため中小企業ほどマーケティング戦略を立て、「どこで戦うのか?」「何をして、何を捨てるのか」取捨選択を明確にし、限られた資産・資源・人材を効率的に活用していかなければ、この先の経営は苦しくなっていきます。

とは言え多くの中小企業が、「マーケティング戦略に時間や予算を割く余裕がない」「他の業務に追われている」「そもそもどんなことができるのかわからない」「マーケティング業務にあてる人材が不足している」などの理由からマーケティングは後回しになっているケースが多く見られます。

一見弱小に見える中小企業には、大企業が真似できない「顧客にとって痒いところに手が届く」魅力的な施策を行える可能性が眠っているもの。

マーケティング施策を行わないままでいるのはとても勿体ないことです。

特にデジタル化が進んでいる現代においては、中小企業ほど取り組みやすいデジタルマーケティングを活用していくことはマストな選択なのです。

 

マーケティングを行うことにより、どのようなメリットがあるのでしょうか?

1.資金や資源を効率的に活用できる

マーケティング施策を行うことで、資金や資源を効率的に無駄なく活用することができるのは非常に大きなメリットです。

特にデジタルマーケティングにおいては、行った施策に対する実績の細かいところまで知ることが可能になります。

新聞や電車などのマス広告は、広告に対する顧客の反応が測定しづらく費用対効果もわかりにくいものです。

それに比べるとデジタルマーケティングは、解析ツールを使って広告が何回表示されたのか?や広告のクリック率、コンバージョン率など、細かなところまで効果を計測することができます。

また、顧客や見込み客の属性・趣味・興味関心など細かな顧客データを集めることもできるので、マーケティング活動に役立てることも可能。

行った施策に対する顧客の反応もすぐに測定できるため、費用対効果を測定しながら効率的に売れる仕組み作りを行うことができます。

 

2.自社の改善ポイントが明確になる

マーケティングでよく使われるフレームワークなどを活用することで、客観的な視点から自社を分析し、自社の強みや弱み、現状と抱えている課題などが明確になり、中長期的な計画を立てることができます。

また、これまで隠れて気づかなかった問題点の発見に繋がることもあったり、ライバルに勝つための効果的な施策を行うことも可能になります。

 

大手企業の方が資金力も人材も豊富で有利になると思いがちですが、小さい中小企業ならではの強みもあります。

中小企業が持つ強みを活かしマーケティング施策を行えば、大手が真似できない経営を実現することが可能になります。

 

1.ニッチ市場を狙うことができる

近年は、個人の自己実現が重要視される時代になりました。

テレビCMや大規模なプロモーションなど広いターゲット層を狙ったマスマーケティングを得意としている大企業は、小さい市場向けの戦略は不得意。

大企業が狙いにくいニッチな市場を狙うことができるのは中小企業の強みの一つです。

ニッチなジャンルを極め特定市場にいる顧客と向き合い、顧客が必要としている製品を提供し顧客満足度を高めることで、マス媒体を得意とする大企業に打ち勝つことができます。

 

2.柔軟性を武器にできる

数字を最優先にしがち、現状維持を重要視することで視野が狭くなりがちな大企業は、ルールに縛られ動きづらいというデメリットがあります。

また現代は、社会が変化するスピードや人々の意識の移り変わりも激しくなり、スピード感のある迅速な対応が求められるようになりました。

顧客ニーズに合わせた製品作りや対応策をすぐに実行できる意思決定のスピード力や、チャレンジ精神を即座に反映することができる柔軟性は、ルールに縛られている大手企業にが真似できない中小企業ならではの強みなのです。

Copyright© 株式会社イーナレッジテクノロジー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.