Shopify関連

Shopify標準機能やアプリでできることを解説

投稿日:

Shopifyは無料プランが用意されていない代わりに、ECサイト運営に最低限必要な機能がすでに標準機能に装備されています。

標準機能で足りない部分や追加したい機能があれば必要に応じてアプリを導入し、カスタマイズしていけるのがShopifyの魅力。

では具体的にどんなことができるのか?

標準機能・有料アプリ・無料アプリの3つに分類して紹介していきます。

商品管理・注文管理

商品登録・在庫管理・SEO対策などの商品管理機能。

受注内容や配送情報のCSV出力、対応状況設定、各種メール送信設定などの機能が付いています。

多通貨決済、多言語対応

多言語、多通貨に対応しているため、複数の言語や通貨での販売が可能。

送料計算にも対応しているため、越境EC対応機能が既に準備されています。

割引管理

割引価格の設定・クーポンコード発行・プロモーションコード作成など。

割引やクーポンの提供を行い、セールスやプロモーションを行うことができます。

自社サイトの商品プロモーションをより簡単に充実させることが可能です。

販売チャネルの追加

Facebookショップでの商品表示や、Instagramの投稿やストーリーの画像にタグ付けして商品を販売することが可能。

追加したチャネルを削除したい場合は、管理画面上でいつでも簡単にできます。

売上げや流入元の確認もShopify管理画面で一元管理できます。

POS機能導入

専用端末は不要。

パソコンやタブレットなどのデバイスに導入することでオフライン(実店舗やイベント出典など)でPOSシステムを使って販売することが可能。

オフラインでの購入履歴情報もオンライン管理画面に全て集約でき、オンラインとオフラインの垣根をなくすことができます。

マルチチャネルに対応しています。

ブログ機能

ワードプレスのようなブログ作成機能が用意されています。

ショップの情報発信、自社ショップやブランドのファン獲得など、集客やブランディングのためのツールとして活用できます。

直感的に使える仕様になっているため記事投稿も簡単に行えます。

マーケティング

検索エンジンSEO改善、カゴ落ち対策、Facebookマーケティング、自動ディスカウント作成など、売り上げアップのためのマーケティング施策機能が標準装備されています。

Shopifyストアには、あげていけばキリがないほど非常に多くのアプリが存在しています。

ここではその中でも人気のアプリと、実際に出来る具体的な概要を紹介します。

AIチャットボット「Kit」

プロモーションを人間の代わりに行ってくれる無料AIチャットボット「Kit」を導入し、カゴ落ちメールに自動的にディスカウント適用、顧客のエンゲージメントを高めるFacebook投稿アップ、Facebook広告のキャンペーン作成、サンキューメールの送信など、タスクの自動化をすることにより時間の節約をすることも可能です。

「Kit」はShopifyアプリストアにあるアプリとの連携もできるので、ストア管理やマーケティングの幅が広がります。

メーリングリスト作成「Sumo」

コンバージョンを増やすメールマーケティングのサポートをしてくれる「Sumo」

時間のかかるメーリングリストの作成や更新の自動化、ポップアップ、スクロールバー作成、顧客情報の一元管理などの機能があります。

機能拡張のみ有料になります。

カスタマーレビュー機能の追加「Product Reviews」

近年顧客レビューの重要性は上がり、ネットで物を購入する判断材料の一つとして無視できないものになりました。

カスタマーレビュー機能を追加することができる「Product Reviews」は、コンバージョン率を上げるために重要な商品レビュー機能をショップ内の商品説明欄の下に簡単に設置するこができます。

カスタマーレビュー機能はキャンペーンの一つとしても活用できるのでおすすめです。

QRコード生成「Shopcodes」

「Shopcodes」は、梱包時に入れるチラシなどの同梱アイテムや実店舗で利用できるQRコードの生成が可能。

割引クーポンのQRコード生成も可能です。

アプリのダッシュボードからショップコードの編集、割引の追加、コンバージョンやトラフィックの確認ができます。

オフラインとオンラインを繋ぐ販促が可能になります。

ストアページ高速化「Page Speed Booster」

読み込み速度が遅いサイトは顧客から嫌われます。

ページの読み込み速度は速ければ速いほど有利であり、コンバージョン率をあげるためにはサイトスピードの高速化は外せません。

ECサイトの読み込み速度を高速化させる「Page Speed Booster」は、ユーザーが次に起こすアクションを予測し、ブラウザにページコンテンツを取得させパフォーマンスをアップさせ、瞬時にページ表示させるようにさせます。

即座に表示されて顧客にとってサクサク使いやすいサイトにしてくれます。

翻訳「LangShop」

日本以外の顧客をターゲットにする場合に欠かせない翻訳アプリ。

ストアに言語を追加することができる多機能翻訳アプリ「LangShop」は、自動翻訳と手動翻訳の両方に対応しており、通貨の切替も可能。

1つのECサイトに複数の国・言語を対応させたい時に便利なアプリです。

アップセル・クロスセル「Upsell and Cross-sell Products」

顧客の平均購入単価をアップさせる手法のアップセル・クロスセルも、専用アプリを導入することにより簡単に設定することが可能。

「Upsell and Cross-sell Products」は、ストア内の注文情報を自動的に分析し、マーケティングにおいて非常に効果的なアップセル・クロスセルを自動で行ってくれます。

サブスクリプション「Bold Subscriptions」

専用アプリを導入することで定額制サービス(サブスクリプション)にも対応することができます。

「Bold Subscriptions」は、サブスクリプションアプリでも人気のアプリ。

定期購入ボタンの設置、数量変更、出荷ストップやアイテムの入れ替えをはじめとした注文の編集など、細部まで設定できるのが特徴。

ビジネスに合わせて、自社ECサイト独自のサブスクリプションサービスを構築していけます。

ただし、決済画面・郵便番号検索から住所候補を反映・都道府県の選択がローマ字になってしまうなど、現状では一部分においてローカライズされていない部分もあります。

伝票や納品書などの印刷「Ship&co」

配送までの流れを簡素化できるのが配送アプリです。

「Ship&co」は、国内&国外に発送するための出荷管理システムです。

複数の注文や追跡番号をリアルタイムで反映、請求書や領収書、伝票などをカスタマイズし、ワンクリックで素早く印刷。

国外へ出荷する際の送料も重さやサイズを入力するだけで、各配送業者の送料を簡単に比較することができます。

欲しいものリスト機能「Wishlist Plus」

ショップを訪れた顧客が、ショップ内の気になった商品をお気に入りリストに追加できる機能です。

「Wishlist Plus」は、一度ウィンドウショッピングのように訪問した顧客が、再度ショップを訪れた際にお気に入り商品の表示をすることで購入へ導きます。

お気に入りリストに入れられた商品は、再度訪問した時に自動で表示されるようになっています。

その他、お気に入り商品のブックマーク人数、デバイスが変わってもログインなしでお気に入りリストの確認、家族や友達間でのお気に入りリストの共有など。

Copyright© 株式会社イーナレッジテクノロジー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.